吉川 莉奈

FaiRy代表・エンターテイナー

なぜエンターテイメントの道に進んだのか?
エンターテイメントは、病気・障がいの有無、年齢や国籍などに関わらず、
全ての人が楽しみ笑顔になれるものだと思うからです。

皆さんは、ダンスや音楽を聴いたり、テレビや舞台を観て、笑顔になったり、ワクワクした事はありませんか?

私の家族は波乱万丈、病気・障がいを持った三つ子の妹達はとても小さく産まれ、1人を亡くし、2人は生死を何度も彷徨いながら今を生きています。妹達と一緒に音楽を聞き、ダンスをするといつも笑ってくれます。

どんなに心が折れそうな時も、このエンターテイメントの力に救われてきました。そして、私は妹達の笑顔から生きる力を貰うのです。

心から楽しい!素晴らしい!と思ったり、誰かが笑顔になってくれて嬉しかったり。

心が動く体験。感動体験。

エンターテイメントには、生きる活力へと繋がる素晴らしい力があるのです。

その感動体験を通して、障がい者と健常者がお互いを知るキッカケになったり、障がいは決して可哀想なのではなく個性であることを多くの人に伝えていきたいです。

いつまでもエンターテイメントの力で私自身も活力を貰い、その活力を基に人々に笑顔を届けたいです。

私が人生で成し遂げたいことは、これです。
障がいのあるなしに関わらず、
共に楽しみ、共に生きていける社会をつくることです。

誰もが自分に与えられた運命や個性を持ってうまれます。

長所も短所も障がいも、一つの個性。
みんな同じ人間です。

決して、障がいのない人が障がいのある人を助けるのではなく、色々な状況をお互いに認め合い、尊重し、補い合いながら、共に楽しみ、共に生きていきたい。

みんな一緒に笑えます。
たくさんの光輝く個性が集まったら、可能性は無限大です。一人でも多くの方の個性が輝く場所を作ります。

同時に、環境に配慮した持続可能な取り組みで地球環境に貢献していきます。

「人にも社会にも地球にも優しく」

私達の挑戦は、始まったばかりです。

私一人に出来ることはちっぽけですが、応援してくださる皆様と共に挑戦していきます。

世界中のすべての人が、

それぞれの個性を尊重し合いながら
今よりも、もっと、もっと、
笑顔で過ごせますように。

主な出演歴

東京2020パラリンピック閉会式

UN77 Celebration Music Festival for SDGs 2022, Music for SDGs Earth Day Festival 2022などのSDGsの国際イベント(英語でのパフォーマンス)

テレビ朝日「気づきの扉」
JCOM「デイリーニュース」
その他ラジオTOKYO854、情報誌などで特集される。

関西大手テーマパーク、横浜某キャラクターミュージアム、その他キャラクターショー、ダンスイベント、球団チアリーダー・振付など。

東京NY異業種交流会で司会を務める。

福祉施設や特別支援学校、大学、小学校、幼稚園、ダンス専門学校などで、講義やダンス指導も行う。

市と連携したダンス教室なども開催。

Music for SDGs (Project Director: Mack Okubo)という国際的なプロジェクトのアーティスト。
→誰も取り残さない!のキャッチフレーズのもと、音楽イベントを通し、一般の人々がよりわかりやすく楽しみながら、国連の推進するSDGsへの理解を深める機会を提供することを目的としたプロジェクトです。